銀輪のある風景

バッテリーライトの取付台座をひと工夫


法律論を持ち出すつもりはありませんが、日没後に自転車で走行するためには、灯火(ライト)をつけなければなりません。それでも無灯火の自転車が多いのは、「ブロックダイナモ」の自転車が多いからなんですよね。ブロックダイナモはペダルが重くなりますから、これが長い上り坂だったりしたら、σ(~~ )だって付けたくありませんよ。
shimanoという自転車界のガリバーのような会社から「ハブダイナモ」というのが出ています。とっても抵抗が軽いために、最近はスポーツサイクルにまで使われてきています。以前から、少し気の利いたママチャリには「点灯虫」とか言って使われていますが、暗くなったら知らない間に点灯してくれる、それでいながらペダルは軽いという、とってもアリガタイ装備だったりします。
その「ダイナモ」(パチンコ屋の名前みたいだな)、ママチャリなどの一般市販車には付いていますが、ランドナーなどの一部を除いて、スポーツサイクルには使われていないため、スポーツサイクルでは依然として「バッテリーライト」が多用されます。バッテリーライトはふつう、ハンドルバーに付けることが多いのですが、フロントバッグを使うとハンドルバーに付けたライトが隠れてしまうため、ハンドルバー以外の場所を探すことになります。
しかし、「なかなかイイ場所がなくて」という声を耳にします・・・・・・ちょっと、ひと工夫してみました。

使う部品の集合写真、とりあえずコレぐらい。
  • 市販のバッテリーライト(写真はCATEYE LED)
  • パイプ(ハンドルバーを切り落とした端部)L=40mm程度
  • やや大きめのプレーンワッシャー1枚
  • 大工道具箱にあったL字型の穴あきステー
  • 長めのボルトナット L=50mm程度
前輪のVブレーキの台座を止めているボルトを、六角レンチを使って緩めます。特にコダワリがなければ、右側が吉。
少し緩んだら、ボールポイントを使ってイッキに外します。そのほうが素早く作業が出来ます。六角レンチは、ボールポイントが付いたものを選びましょう。
ボールポイント部分の拡大。斜めに差し込んでも回せるように出来ています。ルーズなアナタにピッタリ。文明の利器。
ボルトとワッシャーの間にL字型の穴あきステーが入るようにして、垂直になるように調整して、シッカリと締め付けます。最後の力が掛かるときには、ボールポイントを使わないのがお約束です。
今回は大工道具箱に入っていたステーを流用出来ましたが、これから入手するという方は、ホームセンターなどで、似たようなカタチのステーを探してください。
上に見えていた穴の位置に、パイプ(ハンドルバーの端部)をプレーンワッシャーを使って挟むように、ボルトナットで締め付けます。
この写真に見えるように、プレーンワッシャーの径は、パイプよりも大きくなるものを選びます。また、あまり長いボルトを使いますと、タイヤが回ったときにスポークと干渉してしまいますので、ご注意を。
なお、パイプが入手出来ない方には、こんな商品も出ています。
バッテリーライトの台座を取り付けます。
もともとハンドルバーに取り付けるようなサイズで作られていますので、フィット性は言うまでもありません。
バッテリーライト本体を取り付けました。
タイヤを回してみて、干渉しないかどうか、チェックします。
光軸を合わせます・・・明るいときは無理か・・・
こんな感じで完成です。
「フロントキャリアがないから・・・」と諦めていた方にも、意外と簡単に取り付けられますね。


 


back